リフォームローンの審査に通らない場合とは?審査は厳しくなっている?

楽天のリフォームローンには【フラット35(リフォーム一体型)】があります。

ただしこの場合リフォームローンの審査に通らないこともあるので注意しておいてください。

リフォーム用の工事代金と住宅購入代金とを合わせ一つのローンでまとめて融資を受けられる商品です。

2016年10月からは新しくフラット35リノベが登場しました。

フラット35(リフォーム一体型)と相違する点は0.6%の金利引き下げが受けられることになります。

注意点として、工事前に適合している基準は対象とならないことやフラット35Sと併用することはできません。

リフォームローンのシミュレーションというものは大手金融機関のHPで試算フォームが設置されています。

検索窓に「リフォーム」「シミュレーション」と言った文言を入力すると該当するサイトがたくさんヒットするので希望の見たいサイトをクリックすればOKです。

借入希望額、返済期間やボーナス時の返済額や割合を入力すると毎月の返済額が瞬時に算出されるためローンを組む前のシミュレーションに最適です。

個人情報を登録することはないのでローンを組もうとしていることばばれてしまうのではという不安を抱く心配はありません。

返済額の計算は難解ですからリフォームローンを考えている方は積極的に利用しましょう。

極力低金利でリフォームローンを借りるためには担保型のローンを選ぶと良いでしょう。

リフォームローンには主に担保形と無担保型と呼ばれるものがあり金利相場はもちろんのこと、借入期間や借入可能額などにも違いがあります。

ただしこの場合リフォームローンの審査に通らないこともあるので注意しておいてください。

無担保型の場合、借入期間は最長でも10年から15年でしかなく、借入れ可能な上限金額は500万から1000万円と比較的少額のローンとなるのですが、担保型は期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と桁違いです。

金利に関しては長期借入する方が低金利になりますので無担保型の約2から5%という金利に対して、担保型は約1から2%といった低い金利となります。

加えて、貸付金利タイプでも差があり変動金利と固定金利と比較すると変動金利の方が低金利です。

リフォームローンの一体型とはどのようなものなのか?簡潔に言うと住宅ローンとリフォームローンが一緒になっているローンです。

中古住宅を購入してリフォームしたいと考えているなら一体型ローンがお勧めです。

住宅ローンよりもリフォームローンのほうが金利が高いので一元化することでリフォームに関しても低金利が適用されます注意点として、事前審査でリフォームの見積書が求められたり、申込の際にリフォーム工事の請負契約書の提出が必要になることがあります。

ただしこの場合リフォームローンの審査に通らないこともあるので注意しておいてください。

ですから、物件探しと同時にリフォーム業者を探して、見積もりを作成してもらうという準備も必要になります。

新生銀行グループのアプラスのリフォームローンはTポイントを貯めることができます。

申込できる人は20歳以上65歳未満の安定収入がある人で返済回数は最長84回(7年)で、融資可能額は10万円以上300万円以内という比較的ライトなローンです。

アプラスの金利ですが、7.20%から14.40%という少々高めの設定になっています。

この場合審査は通りやすいため審査落ちが気になる方にもおすすめです。

パソコンやスマホで申し込みが可能なことや担保・保証人が必要ありませんので小規模なリフォームでの利用が適しています。

返済シミュレーションも条件が詳細に設定できるので、アプラスのリフォームローンをもっと詳しく知りたいという方は、HPをご覧になってみては如何でしょう。

アルヒ(ARUHI)のリフォームローンは申込資格には、満20歳以上から65歳未満と定められています。

融資金額は50万円以上1 000万円以内と高額で、返済回数は12回(1年)から420回(35年)となっています。

この場合審査は通りやすいため審査落ちが気になる方にもおすすめです。

そのため契約するためには、連帯保証人が必要になります。

また、融資合計金額が500万円を超える場合は抵当権も設定され、団信保険付プランを選択することも可能です。

貸付利率の適用基準は変動金利型で、年に2回(4月1日と10月1日に貸付金利の見直し)の長期プライムレート(基準金利)を3か月後の口座振替から適用になります。

アルヒのリフォームローンの商品タイプはAプラン、Bプランの2種類があり、それぞれに基準金利と事務手数料が異なります。

比較的借りやすいリフォームローンの無担保型とは担保を用意しなくても借りられるリフォームローンです。

保証人や土地建物などといった担保を用意しなくても良いので手軽に利用出来るローンです。

一方で、金利が高いことや、借入期間が短い、限度額が少ないなど担保型に比べた場合、不利な点も結構多いです。

そのため無担型ローンをおすすめするケースは規模が小さめのリフォームだと言えるでしょう。

持ち家で、少額のリフォームということになれば割と余裕がある人のリフォームと判断されることが多く審査に通りやすいという傾向があるからです。

リフォームローン審査に通らない理由というものをご存知ですか?リフォームローン審査に通らない理由は住宅ローンを利用してリフォームをした場合に対象になります。

対象となる工事内容についてですが全てのリフォーム工事で対象になるというわけではなくいくつか条件があります。

ただしこの場合リフォームローンの審査に通らないこともあるので注意しておいてください。

耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などで100万円を超える場合にやっと適用されるというものです。

申請を行う人物についても要件があり工事完了から6ヶ月以内に本人が居住していなければいけなかったり、年収は3000万円以下で返済期間が10年以上など条件が定められています。

また、減税は自己申告する必要があるため確定申告を行わなければ適用されません。

リフォームローンの金利に関してですが金融機関によってかなり異なります。

低金利の場合1%台からありますが、高い場合になると金利は15%に近くになるところも。

金利体系というものが2種類あり変動と固定という2つの金利体系があります。

ただしこの場合リフォームローンの審査に通らないこともあるので注意しておいてください。

変動金利というものは金利が低いというメリットがありますが、景気の動向に左右されるため金利が高くなるリスクがあります。

ただしこの場合リフォームローンの審査に通らないこともあるので注意しておいてください。

その点、固定金利は完済されるまで金利が変わらないという通りやすさは変わりますが、元々金利が高いというデメリットがありますし、相場が下がっても自分は高い金利のまま返済をしなければならないというリスクもあります。

ただしこの場合リフォームローンの審査に通らないこともあるので注意しておいてください。

正しいリフォームローンの選び方は金利だけを重視しないということです。

借入れ可能な期間や、上限金額も念頭に入れる必要がありますし、担保、保証人が必要かどうかも大きな要素となります。

また、団信の加入可否についてや事務手数料などの諸費用や審査に通るか通らないかも比較することが大切です。

建材メーカーの中には、自社の商品でリフォームした場合金利0%の無担保ローンを組めるといった商品もあります。

ただしこの場合リフォームローンの審査に通らないこともあるので注意しておいてください。

参考:リフォームローン審査通らない理由は?【審査基準甘い銀行!】

リフォームローンはとかく種類が多いので探すのが大変と言う人はローン対応のリフォーム会社に相談するのもいいでしょう。

リフォームローンを組むことになった場合。

いくら借りられるかというのは、リフォーム工事をする上で最重要項目といえます。

ですが、住宅ローンと比べると借入限度額は1/10程度しかありません。

リフォームローンで借入れできる金額は最大でも500万円から1000万円という商品が多いです。

リフォームローンの金利は、金利は2%から5%、返済期間は最長でも10年から15年しかありませんので、借入金額がある程度抑えられていないと、返済額がかなり大きくなってしまうのです。

無理のない返済額に応じた借入額をしっかりとシミュレーションすることが大切です。

知っていましたか?リフォームローンの金利相場は市場金利に応じて上がったり下がったりします。

担保の有無によっても金利が変わり現在は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が相場です。

金利タイプには大きく分類すると2種類あり固定金利型と変動金利型があります。

ただしこの場合リフォームローンの審査に通らないこともあるので注意しておいてください。

変動金利型というのは市場金利に比例して半年ごとに金利が更新されるローンで固定金利型というものは市場金利の変動に関わらず、金利が一定のローンです。

更に固定金利型には完済まで継続する長期固定金利型とある期間内だけ固定になり満了ごとに長期か変動を選択する固定金利選択型があります。

ただしこの場合リフォームローンの審査に通らないこともあるので注意しておいてください。

リフォームローンで受けることができる控除には所得税の控除というものがあります。

ただしこの場合リフォームローンの審査に通らないこともあるので注意しておいてください。

申告を行う事で当年の所得税から限度額はありますが工事費の10%が還付されます。

対象となるリフォーム内容と限度額については条件があり指定されています。

三世代同居や省エネ、耐震工事の場合は25万円、バリアフリーのするためのリフォーム工事では20万円と定められています。

控除の共用の要件として自分が所有して住むことや所得が3000万円以下である必要があります。

ただしこの場合リフォームローンの審査に通らないこともあるので注意しておいてください。

リフォームローンを利用するに当たり気になるのは口コミだと思いますが、高評価な金融業者が当たりとは限りません。

低金利なローンには借りたいという人が集中しますので審査基準が厳しくて落ちてしまった場合という傾向にあります。

ただしこの場合リフォームローンの審査に通らないこともあるので注意しておいてください。

厳しい審査ですから、多くの人が涙を飲む結果となり怒り心頭状態で悪い口コミを書いてしまうということは珍しくありません。

ですので、口コミに踊らされてしまうと自分に条件に合致した商品を見落としてしまうかもしれません。

特に金融関係の口コミを参考にする際には、口コミの件数に囚われずどういった経緯でその評価になったのかという理由が重要なのです。

リフォームローン金利比較は口コミで話題の比較サイトを利用するのがおすすめです。

いくつもの金融機関の情報が掲載されている比較サイトであれば限度額や借入れ条件といった気になる情報が一目瞭然です。

金利や審査時間など調べたい条件に応じて並び替えができるので調べる手間が省けます。

サイトによっては金融機関のバナーが貼ってありますので検索する必要がありません。

最近ではネットのみで開設可能な銀行も普及してきましたので来店不要で銀行へ足を運ばずに申請できるローンが増えています。