水冷ポンプって何?

パソコンを使用する際に、重要なポイントとなるのが熱の問題です。

パソコンが動作する際、部品から熱が発せられることになります。

パソコン内にこの熱がたまってしまうと動作が不安定になってしまったり、故障の原因になってしまうことになります。

特に夏場などは要注意です。

いかにパソコンを冷やすことができるかが、大きなポイントとなるわけです。

そんなパソコンを冷やすためのシステムとしては、空冷がこれまで一般的でした。

文字通り空気で熱を冷やす方法です。

それに対して、最近登場し注目を集めているのが水冷のシステムです。

これも文字通り、熱に対して水で冷やすものです。

空気よりも効率よく熱を冷やすことができるため、人気を高めているのです。

水冷ポンプはそんな水冷システムの心臓部ともいえるものです。

空冷のファンと同じような位置にあるもので、この水冷ポンプがしっかり動いていれば、パソコンは適時冷やされた状態になりますが、作動がうまくいかないと熱がたまってしまうことになります。

現在の水冷システムでは、遠心ポンプというタイプの水冷ポンプが使用されています。

ただこれは作りが単純でポンプとして最低限の機能を備えているだけのため、最近ではベーンポンプ、ダイヤフラムポンプなどより優れた性能を持った水冷ポンプも登場しています。

この水冷ポンプ、とくにパソコンを自作する際に選択が重要になってきます。

きちんと動作し、パソコン全体を適度に冷やすことができるかどうか。

また振動や騒音がどの程度なのか、よく判断した上で選ぶ必要がでてきます。

便利なシステムだけによいものを選んで活用するようにしたいものです。