押し貸しって何?

ヤミ金業者としての違法行為の一つに、「押し貸し」と呼ばれるものがあります。

押し貸しとは、貸付として勝手に口座にお金を振り込まれ、しばらくしてから法外な利息を要求するというものです。

また、似たようなケースに電話やメール等で金を借りないかと持ちかけられたものの、必要がないと断っても小額のお金を勝手へ勝手に振り込んでくる場合があります。

もちろん、振り込まれたお金は自分が全く知らないお金なので、借りた覚えもありませんし、利息を払う義務はありません。

押し貸しは、もちろん違法行為なので、ヤミ金業者の要求に応じる必要はありません。

また、お金そのものは相手が勝手に振り込んだものなので、放置していても責任を問われる心配はありません。

但し、口座に置いたままにしておくと、ヤミ金業者から支払の催促が来るので、速やかにヤミ金業者の口座に返金してしまいましょう。

尚、返金する際には、自分が知らないお金であることを記録として残しておくため、「相手が振り込んだ金額から銀行の送金手数料を差し引いた金額 」を振り込みましょう。

ヤミ金業者へお金を送り返したら、すぐにその口座は解約しましょう。

後々、その口座番号が悪用される可能性があるため、不必要な口座情報は消去しておくことが先決です。

尚、それでも法外な利息を要求してくる場合は、警察へ相談しましょう。

実際に取り立てに来るケースは少ないものの、万が一、事件に巻き込まれないようにするための予防処置となります。