外為ディーラーとは?

外為ディーラーという言葉自体はよく聞くけど、いったいどういうものなのか詳しくはわからないという方はたくさんいます。

そもそもはじめて聞いたという方もいることでしょう。

ここでは外為ディーラーとはどういうものなのかについて説明するので、参考にしてみてください。

外為ディーラーは、外国為替の売買取引をする人のことです。

しかしこれでは、FXをしている人全員がということになってしまいます。

実際にはそういう人たちのことを外為ディーラーと呼ぶことはありません。

一般的には、企業や銀行などで専門的に外国為替のディーリングを行う人のことを、外為ディーラーと呼んでいます。

外為ディーラーを細かく分類すると、さまざまな種類があります。

直物為替のポジションを持って売買をするのは、スポット・ディーラーです。

先物為替取引を行うのは、フォワード・ディーラー、金利取引をするデポジット・ディーラー、金利スワップを担当するオプション・ディーラー。

このように、いくつもの種類があるのです。

一般的に知られている外為ディーラーは、スポット・ディーラーとカスタマー・ディーラーです。

スポット・ディーラーは、為替相場の値動きを追いかけて売買を行い、顧客にプライスを提示するのが仕事です。

カスタマー・ディーラーは、為替相場の値動きや相場に与えるニュースなどを顧客にサービスし、注文を取ってきます。

単純に外為ディーラーといっても、このようにさまざまな種類があります。

かつては多くのディーラーがいましたが、現在外国為替取引をする銀行が減ったため、その数も減少しています。