ブーツ臭を防止する方法は?

ブーツ臭はブーツを履く機会の多い女性にとって非常に大きな問題といえるでしょう。

しかし、ブーツ臭を防止する方法は非常に簡単な方法が幾つかあるのです。

簡単に出来るブーツ臭防止の方法を幾つかご紹介しましょう。

〈ブーツ臭防止の基本方法!〉ブーツ臭防止の基本的な方法は菌の繁殖を抑える「乾燥」です。

人間は一日で200ml程度の汗をかきますが、これを一晩で自然乾燥させるのは不可能といえるでしょう。

ブーツを一晩で乾燥させる場合には“ブーツ乾燥機”などの機械が必要です。

簡単な方法は2日連続で同じブーツを履かないという方法です。

乾燥させることでブーツが長持ちするという効果もあることからブーツは乾燥させるという習慣をつけると良いでしょう。

〈身近なブーツ臭防止アイテム!〉ブーツを乾燥・消臭させるには専用の機械やグッヅが必要ですが、実は身近にもブーツ臭を防止する効果のあるアイテムがあるのです。

そんな身近なブーツ臭防止アイテムをご紹介しましょう。

先ずは「新聞紙」です。

ブーツを効率的に乾燥させる方法として丸めた新聞紙をブーツに詰めましょう。

新聞を詰めることで新聞が水分を吸収する効果に加えて、“ブーツの型崩れ防止効果”もあることからオススメの方法です。

次に有名な方法ですが10円玉をブーツに入れるという方法です。

これは銅イオンが最近の繁殖を抑える効果があるためであり、片方で10円5枚(一足で10枚)が必要です。

10円玉を利用するよりも、抗菌スプレーを使ったほうが効果は高いといえるでしょう。